メインイメージ

格安で相談

株式会社設立:格安で相談できる専門家もいます

いつまでも使われる身ではなく、いつかは自分の会社を持ちたい。そう思っている人は大勢いるでしょう。近年では、株式会社設立における規制緩和も進んでおり、かつてよりもハードルは低くなりました。会社員や、フリーランスの個人事業主、そして主婦に至るまで、必要な手続きさえ踏めば株式会社設立は現実的なものとなってきました。

自分の人脈やアイディア、技術力で、会社を大きく発展させたい。できれば3年で上場まで漕ぎ着けて、大企業の社長として活躍したい。そんな大きな夢を抱いている人も多いでしょう。

大きな夢を持つことは素晴らしいことです。その夢が、自分を含めたあらゆる人たちを幸せにするのです。多くの人たちの役に立ちたい。
多くの人たちの生活を今より便利なものにしたい。そうした企業家が、これまでも日本経済に革命を起こしてきたのです。現在、東証1部上場企業の中にも、創業1代目という企業はたくさんあります。企業家精神が日本経済をけん引しているのです。

ところで夢とは別問題に、実際に株式会社設立をめぐっては、多くの煩雑な手続きが必要です。インターネットや書籍などでも、それら手続については詳しく書かれていますが、何やら分かるような分からないような。そんな調子では、いつまで経っても会社はできません。株式会社設立の専門家に相談するのは、必要経費です。専門家に相談してスムーズに設立手続を進めていきたいもの
です。
株式会社設立の手続きに関する専門家は、税理士、公認会計士、弁護士、司法書士、行政書士など、多くのタイプの資格者が考えられます。実際に経営に着手した後のことを考えると、税理士や公認会計士と信頼関係を作っておくのが有利になるので、その辺りも考慮して相談しましょう。

専門家に依頼せずに自分で株式会社を設立する場合は、諸々の書類に関わる経費として、20~24万円程度が必要です。そこに専門家の相談費用が加わってくるわけです。

専門家の相談費用は、上下にかなり幅があります。安く設立の代行を行ってもらえる専門家もいます。長く信頼のある地域の税理士さんならば安心です。さらに格安であれば、なお嬉しいところです。

格安をうたっている税理士に依頼する場合は、本当に税理士の資格を持つのか、まずは確認しましょう。

無資格で税理士業務に近いことをやっている人もいます。後々なんらかのトラブルが生じた際、トラブルの責任は経営者が取らなければなりません。また資格を保有していても、いわゆる悪徳税理士もいます。

もちろん格安をうたっている専門家は全員怪しいというわけではありませんので、誤解のないように。少し
でも料金を安くして顧客を確保したい、という目的の人が大半です。

料金がどうであれ、契約を結ぶ前にしっかりと話し合い、お互い信頼関係を築いておくのが大切なのです。

最近の投稿