メインイメージ

最短で株式会社設立

最短で株式会社設立を目指すなら代行業者

株式会社設立は、時間がかかります。商号や取締役などを、出資者と話し合って決めなければいけません。話し合いで商号や取締役などを決めると、定款の作成です。

定款の作成が終われば、登記申請書を作成して提出しなければいけません。このあとにも、公証役場や法務局に行かなければならず、これらの作業をすべて一人でやると時間がかかります。
一日中手続きに集中しても、数日は必要です。

現実的に、株式会社設立の準備をしているときに、一日中手続きに集中することなど無理でしょう。準備と平行しながら手続きをしていく必要があり、どちらかが疎かになることもあります。

準備や手続きに不備があると、株式会社設立をした後に大きなトラブルになるかもしれません。
トラブルに遭わないためためにも、株式会社設立に必要な手続きは、代行業者に任せましょう。代行業者は、設立者に代わって手続きを進めてくれます。

慣れたスタッフがスピーディーに手続きをしてくれるので、株式会社設立までの時間を節約することが可能です。代行業者によっては、最短2営業日で手続きをしてくれることもあるほどです。

代行業者の手続きが終わったら、あとは本人が行わなければいけない手続きをします。これらの手続きをするだけで株式会社設立ができるので、非常に楽になるのです。

株式会社設立をスピーディーにしたいなら、最短で手続きをしてくれる代行業者に任せるのが一番です。しかし、一つだけ注意をしておきたいのは、代行業者の所在地です。

株式会社設立のために訪れる公証役場や法務局は、管轄内でなければいけません。代行業者の所在地と、会社設立の場所が離れていると、必要以上に時間がかかることもあります。

必要以上に時間がかかると、最短で株式会社設立ができません。最短での設立を目指すなら、代行業者の所在地に注意しておかなければいけません。東京や大阪など、大都市圏には代行業者がありますから、これらの地域で設立をするときには、すぐに見つかるはずです。

もし、同じ街や近くの街に代行業者がないときには、全国に対応している代行業者を選びましょう。
代行業者が全国に対応していると、日本全国どこでも手続きをしてもらうことができます。

ただし、代行業者の所在地と離れているときには、申し込みをしたときに最短で設立できる日付を確認しましょう。
日付を確認しておくことで、スケジュールに合わせて株式会社設立をすることができます。

最近の投稿